日本体育大学アーチェリー部石垣島合宿〜風景〜

2017年4月5日

今年で7回目となる日本体育大学学友会アーチェリー部(藤本浩総監督、部員49名)の春合宿が、3月14日(火)~22日(水)の期間(サッカーパークあかんま)で行われました。

毎年恒例となっているこの合宿は、新チームになっての初合宿となっており、チーム作りの基礎となる、団結力を養う大事な合宿となっています。また、4月から入部する新入生も参加していて、アーチェリー部の規則等を学ぶ研修期間にもなっています。

合宿期間中の16日(木)練習後には毎年合宿を開催しているお礼として、市役所周辺でボランティア清掃をしていただきました。また、19日(日)には第6回石垣市長杯アーチェリー石垣島大会が開催され、県内外から80人余が参加。70㍍ダブル男子の部では、八重山商工高校卒で日本体育大学2年生の川原壯太君が2位に入りました。

 今後6月に行われる「全日本アーチェリー学生王座決定戦」で男女アベック優勝して、石垣島に戻ってきたいとのことなので、日本体育大学学友会アーチェリー部の更なる活躍を期待して応援していきたいと思います。

  • 日本体育大学学友会アーチェリー部ブログ

   blog.nittai.ac.jp/archery/

なでしこ女子サッカー自主トレーニング

2015年7月27日

HP使用 (3)HP使用 (2)HP使用3HP使用2 (2)

 

 

 

 

 

HP使用5HP使用6HP使用HP使用2

 

 

 

 

 

7月22日(水)から25日(土)までの4日間、「FIFA女子ワールドカップ カナダ2015」で準優勝した、日本女子代表(なでしこジャパン)の大儀見優季選手、熊谷沙希選手、永里亜紗乃選手と帯同トレーナーの木場克己さんが、「サッカーパークあかんま」にて合宿を実施しました。

今年で3年目を迎える石垣島合宿は、W杯から次のシーズンへ向けてのリフレッシュも兼ねた合宿となっており、石垣島の自然に合わせたトレーニングで汗を流していました。

23日(木)には、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート真栄里にて、『世界で戦うために』をテーマにトークショーも開催。永里選手自身が司会をし、終始なごやかなムードで来場者の方々と交流を深めていました。

 

 

「和歌山県ラグビー成年代表」強化キャンプ

2015年6月19日

和歌山ラグビー①② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月17日(水)から19日(金)まで3日間の日程で「和歌山県ラグビー成年代表チーム」による強化キャンプが「サッカーパークあかんま」で実施されました。

本キャンプは、今年秋に開催される「紀の国わかやま国体」に向けての「チーム強化」と「暑熱対策」を主な目的とし実施。 

連日33度を越える「うだるような暑さ」と「強い日差し」にも負けず、選手たちは広いグラウンドを縦横無尽にパスで繋ぎ走るなどの練習を行っておりました。また、本キャンプには7人制(セブンス)日本代表の吉田弘樹選手も参加し汗を流しておりました。

 ★「暑熱環境に耐え得る力を養いたいアスリートの皆さん!夏は「避暑地」ではなく、「被暑地」の石垣島でスポーツしませんか?」

 

「宗像サニックスブルース」石垣島キャンプ!

2014年7月14日

ジャパンラグビートップリーグ「宗像サニックスブルース」が石垣島でキャンプ実施!

ジャパンラグビートップリーグ「宗像サニックスブルース」キャンプインセレモニー会場における集合写真6月22日から27日の6日間、福岡県宗像市を本拠地とする「宗像サニックスブルース(選手・スタッフ55名)」が「石垣市中央運動公園(陸上競技場)」と「サッカーパークあかんま」を主会場にキャンプがおこなわれました。

 

宗像サニックスブルースのキャンプ風景

 

 
ドット